更年期障害の緩和に効果があるエクオール

エクオールとは大豆イソフラボンが腸内細菌により代謝され変化した物質で、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た作用を持つことから、更年期障害特有のホットフラッシュ、倦怠感、めまいなどの様々な症状緩和にも良いと注目を集めていいます。しかし食事から大豆イソフラボンを摂取することが必ずしもエクオールを増やすことにはつながらない問題点があります。これは体内に産生菌がない場合、大豆イソフラボンが代謝されることができないからです。そこで誰しもが手軽にエクオールの効果を得るのに役立つ方法がサプリの摂取です。サプリであれば腸内に産生菌がなくてもエクオ―ルを増やすことができ安定した量を維持するのにも最適と言えます。
エクオールの情報サイトへ →更年期障害 サプリメント

更年期障害とうつ病の違い

更年期障害の症状として訳もなく気分が落ち込むと、あまりの辛さに自分はうつ病なのではないかとの疑いが、心のなかで徐々に大きな暗雲となって広がっていくかもしれません。
しかし更年期障害の心の落ち込みは、うつ病のそれとは根本的に大きく違いがあります。
心の落ち込みが酷くても、モヤモヤしたり、イライラしたりする程度であれば前者の症状ですし、それ以上に自殺願望があって自傷行為をする、常に死にたいと考えて死に場所を探す行為をするとしたら後者の症状なのです。
もし更年期障害である前者の症状ならば、必要な栄養素を含むサプリメントを摂取すれば改善が見込めます。
サプリメントはお薬ではありませんが、体調不良の原因である足りない栄養素を補給できますので、気分の落ち込みなども改善する可能性があるのです。

更年期の症状 動悸で胸がドキドキする

階段の上り下りや運動をした時のような、鼓動が激しくなっている状態が普段から続いている動悸は更年期になると起きる症状です。原因はホルモン分泌の低下による自律神経の乱れとされていて、呼吸や心臓機能の調整がうまくいかなくなり、息苦しくなったり心臓がドキドキするなどの症状が現れます。
動悸や息切れが起きた時には深く呼吸をして意識的に不調を解消しますが、更年期障害の原因であるホルモンのバランスを整えるようなサプリメントを補助的に使うのも効果的です。サプリメントには女性ホルモンと同様の働きをする成分があり、不調の緩和に役立てられます。ストレスや不安なども呼吸や心拍数が乱れる原因になるので、不調を感じたらリラックスして深呼吸を心掛けましょう。

更年期の症状 関節が痛くなる

更年期に差し掛かることで間接が痛くなるという症状が現れてきます。間接に痛みがあることで旅行へ行けなくなる、長時間の外出が困難になってしまいます。また、場合によっては日常生活を送るにも支障が表れてしまいます。

こうした更年期の症状を解消させるために、サプリメントを用いるという方法があります。サプリメントを活用することによって日常生活が楽になります。また、サプリであれば健康食品なので、副作用も起こりませんので安心して服用することができます。サプリは、ドラッグストアやコンビニなどで購入することができます。最近ではネット通販でも手に入れることができます。

毎日の健康を考えて、食事のついでにサプリを取り入れてみてはいかがでしょうか。

更年期障害のセルフケア 心のバランスを整える

更年期障害になったときはホルモンバランスの乱れによって心のバランスが崩れやすくなります。そんなときは更年期にぴったりなサプリを利用する事でセルフケアをすることが可能です。
例えば心を穏やかにする作用がある脳内物質のセロトニンの分泌を促してくれるセントジョーンズワートはヨーロッパで古くからハーブとして利用されてきた歴史があり、ドイツでは医薬品として認定されているれっきとした高価のある成分です。
またプラセンタサプリも女性ホルモンや自律神経の働きを調整してくれる高価が期待できるため、イライラしやすい更年期に摂取するのがおすすめです。
あまりに症状が酷い場合には婦人科を受診することも大切ですが、まずは自分で行えるセルフケアをして対処することもおすすめです。

プラセンタは更年期障害に効果的?

プラセンタは美容や健康に良い効果をもたらす成分として有名ですが、近頃は更年期障害に効果的なサプリメントとしても人気があります。
プラセンタには女性ホルモンや自律神経の乱れを改善していく作用があるため、閉経や加齢に伴いホルモンバランスが乱れる更年期障害の改善におすすめです。
サプリメントは利用しやすい錠剤タイプや、味も楽しめるドリンクタイプなどがあるため、自分が飲みやすいタイプを選ぶのがおすすめです。更年期障害はほてりや発汗など肉体的な症状が出たり、イライラや情緒不安定など精神的な症状が出ることもあります。肉体的な症状と精神的な症状のどちらにも効き目があると言われているので、何らかの症状で悩んでいるときには試してみると良いでしょう。

十分な睡眠が必要なホットフラッシュ

更年期になると様々な体の不調が生じますが、代表的な症状のひとつにホットフラッシュがあげられます。
これは突然、顔や首が熱くなる、汗が大量に出るなどの不快な症状です。
更年期になると卵巣機能が衰えていきますが、その結果女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、自律神経の乱れが生じやすくなります。

ホットフラッシュは起きているときだけではなく、睡眠中にも起こりますので、夜中に大量の汗をかいて目覚めてしまうという人も少なくありません。
そして慢性的に症状があると睡眠不足にもなってしまいます。
予防としては、ホットフラッシュを誘発する刺激物を避ける、定期的に運動する、体温調整しやすい衣服を選ぶなどがあげられます。

症状がつらいときには更年期の症状に良いとされるサプリメントを活用してみたり、医療機関での治療も検討してみましょう。

ホットフラッシュの正しいホームケア

更年期障害の症状のひとつにあるのがホットフラッシュです。これは周囲の環境に関係なくのぼせや火照り、発汗などの症状が突然起こるという症状になります。これは自律神経が乱れることによっておこります。
このホットフラッシュをホームケアするための方法は色々あります。
急激に室内の温度を上げてしまうと誘発しやすくなるためエアコンの暖房を使う、自律神経を崩さないように40〜41度のお風呂を全身浴5分、半身浴10分ほどの短めに入る、体が冷えても起こるため衣服に気を使い腹巻きをしたり、股引を似まい重ねて履くなどの工夫もおすすめです。
運動を週に三回行うことで血液循環が良くなり、体を温める食材を積極的に摂取するなども効果的だとされています。